「わかっていること」の被害

失敗したり、痛い思いをしたときに、つい言ってしまうことば。

「こんなことになるとわかっていたら、こんなことはしなかったのに」

「こんなつもりじゃなかったけど、こんなことになってしまった」

「はじめからわかっていたら、ちゃんとやったのに」

あと、「勝てるとわかっていたら、勝負したのに」とか。

どれもよく聞く言葉です。でも、これって後だしじゃんけんですね。

後だしじゃんけんが通用するなら苦労はありませんね。

みんな大金持ち、みんな大成功して、みんな夢を叶えています。

でも、この世のなかは、わかっていることなんてほんの一握り。

しかも、いいことじゃなくて、よくないことがわかっているほうが多い。

たとえば、試験勉強を怠けていたら、試験に落ちた。

信号を守らなかったから、車にはねられた。

浴びるほど酒を飲み続けたら、急性アル中で搬送された。

どれもよくないことばかりです。だから、せめてその「わかっていること」の被害を軽減するために、人は勉強したり、注意を払ったり、「このくらいにしておこう」と考えたりするのです。

でも、まったく逆の考え方をすることもあります。

わからないことだから、とにかくやってみる、というスーパーポジティブ思考ですね。

いえ、悪いことではないですよ。

わからないということは、可能性があるということ。

わからないということは、チャンスがあるということ。

ならば、やってみる価値はあります。

ただ、大事なことは、ギャンブルにならないようにしてくださいね。

勝つも負けるも、運しだい。では、どんなに強運の持ち主でも、いつかその運が尽きることになりますからね。